お電話診療案内
茨城(桜川 筑西 笠間 石岡 水戸)のインプラント・無痛治療・虫歯・歯周病・予防・小児・口腔外科は山王歯科

審美歯科 ~自然な笑顔でいてほしい~

審美歯科 ~自然な笑顔でいてほしい~

口をあけて笑うと、銀歯がチラチラ見える・・・
前歯の被せ物が茶色く変色してきた。歯ぐきの下の黒ずみが気になる・・

自然な笑顔で笑いたい。

当科では、見た目だけでなく、メンテナンスの点でも現在歯科で使われている最高品質の白い詰め物や被せ物を使った治療を低価格で行っています。

透明感のある白い被せ物

虫歯治療などの詰め物や被せ物に使われる銀歯は、口をあけたときにどうしても目立ってしまいます。また、保険治療で入れた前歯の被せ物は年月が経つと茶色っぽく変色してきます。こうした詰め物や被せ物が気になって、大きく口をあけて笑うことをためらう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さらに、見た目だけでなく、合わなくなった被せ物は再び虫歯になったり、歯周病の原因となることもあります。

前歯治療
~プラスチック(保険)とセラミック(自費)の違い~

前歯の治療では「保険適用」の被せ物と「保険適用外=自費治療」の被せ物があります。その2種類の違いは、一体どこからきているかご存知でしょうか?ここでは、2種類の違いを分かりやすくご説明します。

プラスチック&金属
プラスチック&金属

金属の表面にプラスチックを張り付けたものです。保険が適用できます。

価格:約8,000円(保険適用 3割負担)

オールセラミック
オールセラミック

お皿に使う陶材を歯科用に強化したものです。自費治療となります。

価格:70,000円(奥歯は39,000円)

違いその① 美しさ 

プラスチック&金属
プラスチック&金属

プラスチックは、経年変化で着色して黄ばんできます。隣の歯と比べて、グラデーションの差が出てしまいます。

オールセラミック
オールセラミック

セラミックは透明感のある美しさがいつまでも続きます。

違いその② 耐久性

プラスチック&金属
プラスチック&金属

プラスチックは、軟らかい素材のため、歯ブラシでこするだけでも摩耗してしまいます。摩耗が進むと、裏の金属が見えてしまうことも珍しくありません。

オールセラミック
オールセラミック

セラミックは透明感のある美しさがいつまでも続きます。例えば、古代中国の陶器が色褪せずに今もつややかな輝きを保っているのも、セラミックならではの特性といえます。

違いその③ 衛生面 両者の表面を拡大してみると・・

プラスチック&金属
プラスチック&金属

プラスチックは、顕微鏡で表面をみてみると、スポンジのようにボコボコしています。この凹凸に汚れやプラークが入り込むと、歯ブラシでの除去は困難です。よって、虫歯や歯周病のリスクが上がってしまいます。

オールセラミック
オールセラミック

セラミックは顕微鏡で表面をみても、滑沢(つるつる)なので、歯ブラシで汚れやプラークもすぐに落せて、衛生的です。陶器のお茶碗は、油汚れもサッと落ちますが、それと同じ原理です。
ですから、虫歯や歯周病になりにくい、歯に優しい素材といえます。

違いその④ 金属アレルギーのリスク

プラスチック&金属
プラスチック&金属

金属は歯の修復や入れ歯などに多く使われていますが、アレルギー症状を生じる危険があります。このいわゆる歯科金属アレルギーはIV型アレルギー(細胞免疫型・遅延型)の代表であり、金属に触れて数時間から数日後(24~48時間後)に触れた局所や全身に赤み、腫れ、湿疹などを生じます。そのため歯科金属が原因のアレルギーの臨床症状も、お口の中にとどまらず、全身に及ぶ場合もあります。

オールセラミック
オールセラミック

症状の原因となる金属としては水銀が最も多く、歯科金属アレルギー全般においても水銀、ニッケル、スズなどが上位を占めています。複数の金属が重なり合って要因となっているケースも多いようです。症状が出た場合は、歯科用金属はすべて除去する必要があることも。
金属アレルギー予防の点からも、セラミックによる被せ物は優れているといえます。

お気軽にお電話ください。

 
9:00~12:00
14:00~19:00

受付時間:月~土 9:00~19:00/日 9:00~17:00

診療時間:午前 9:00~12:00 午後 14:00~19:00(日曜は13:30~17:00

休診日:祝日のみ  県西部では唯一、日曜日も診療しております