お電話診療案内
茨城(桜川 筑西 笠間 石岡 水戸)のインプラント・無痛治療・虫歯・歯周病・予防・小児・口腔外科は山王歯科

ブリッジ との違いは?

中間の歯を一本失った場合の治療法

中間の歯を失いました
中間の歯を失いました

このまま放置すると歯が倒れて歯並びが悪くなります

ブリッジ
ブリッジ

ブリッジは隣の歯を削り土台にして力を負担させます

インプラント
インプラント

隣の歯を傷つけないインプラントが最良の治療です

片側の奥歯が失われた場合の治療法

奥歯が失われました
奥歯が失われました

奥に支えがないと固定式のブリッジはできません

ブリッジ
ブリッジ

ブリッジができないため保険内では入れ歯になります

インプラント
インプラント

しっかり咬めるインプラントが最良の治療です

ブリッジ と インプラント の比較

ブリッジには、次のような利点があります。

①健康保険でも作れる ②短期間でできる ③外科的な治療は基本的に必要でない

しかし、ブリッジは決定的な構造上の欠陥として負担の大きくなった支えの歯がむし歯や歯周病になりやすく、しかもそれに気づくのが遅くなって抜歯になってしまう事が多々あります。では、インプラントとブリッジの違いを詳しく考えてみましょう。

インプラントは隣の歯を削りませんが、ブリッジは隣の歯を削らなければなりません

インプラントは隣の歯を削りませんが、ブリッジは隣の歯を削らなければなりませんブリッジの場合は、隣の歯が全く健康であってもブリッジの土台となるために大きく削り、神経と血管をとる処置が必要となります。当然、土台となる隣の歯にとっては甚大なダメージです。

インプラントとブリッジの一番の違いは、インプラントでは隣の歯を削る必要がないことでしょう。歯は削られれば削られるほど、その寿命が短くなります。歯を削らないですむインプラント治療は、周囲の歯を守ることになるのです。

インプラントは自身で咬む力を支えますが、ブリッジは支えになる歯に負担をかけます

ブリッジの場合、ダミーの歯(ブリッジの橋の部分)にかかる力は、支えになる歯が負担することになります。しかし、本来の隣の歯の負担能力としては、ブリッジの土台となるほどの余裕を持った強度はないため、過剰な力を負担させられることになります。結果的に「耐震強度オーバー」というような形で、土台となる隣の歯が耐え切れず、グラグラ揺れてきて抜歯となるケースは、歯科医師は日常的に遭遇しています。

一方、インプラントの場合は、失った歯にかかる力はインプラント自身が負担しますので、周囲の歯の負担は全くなく、隣の歯を失うリスクが大幅に減少し、お口全体の健康を守ることにもつながります。

ブリッジの長期経過 ~土台の歯が失われていきます~

2004年
2004年

奥歯を失い、相談の上ブリッジになりました

2008年
2008年

手前の土台の歯が耐え切れず、歯が折れて抜歯に

2009年
2009年

さらに大きなブリッジに。土台の歯の負担は増えます

2012年
2012年

今度は奥の土台の歯がグラグラして痛み出し、抜歯に

2012年
2012年

いつの間にか元々のブリッジの土台の歯は無くなりました

2013年
2013年

「入れ歯はいや」とのことでインプラント3本入れました

この症例のように、失った歯の咬む力を支える負担を強いられる土台の歯が次々にダメになる、負のスパイラルに入ってしまうと「歯医者に行ってるのに歯がなくなっていく」という結果になってしまいます。確かに約10年ほどの長い経過ですが、ブリッジの土台の歯が痛み出して、歯医者に来たら抜歯せざるを得ない状況で、どんどん歯を失って、最後には大きな入れ歯になる、というのが従来の歯科治療の限界です。また、歯を多く失ってから、入れ歯を回避するためにインプラントを選択すると、埋入する本数が増えてしまうため、費用がかさんでしままいます。

一方、もしこの方が最初に歯を失った段階でブリッジでなく一本のインプラント治療を選択していたらその後の経過はどうなったでしょうか?確かに初期の費用はかかりますが、土台の歯を傷つける必要がないため、長期的にも隣の歯を失うリスクは大幅にへっていたでしょう。

歯医者に来るのも、「ブリッジの土台の歯が痛くなって」ではなく、定期健診のクリーニングのみで健康的に長く過ごしていただけていたでしょう。そう考えると、隣の健康な歯に負担をかけないインプラント治療が、初期費用はかかるものの、長期的にはもっとと費用対効果が高いといえます。

インプラントは自然な装着感ですが、ブリッジは違和感があり食べかすが入り込みます

ブリッジの場合、ダミーの歯(ブリッジの橋の部分)の下と歯肉との間に隙間ができて食べ物がつまりやすくなったり、内側を舌で触った時のポンティック特有の形になれるまで時間がかかったりする場合があります。当然、メンテナンスも難しく、不十分なメンテナンスのため、土台の歯が虫歯や歯周病になり抜歯となるケースも珍しくありません。

ブリッジ

それに対して、インプラントは自分の歯とほぼ同じ装着感にすることが可能です。

インプラントは健康保険でできませんが、ブリッジは健康保険でもできます

ブリッジの場合は、治療方法や材料によっては健康保険の適用を受けることができます。

そのため、歯を失った最初の相談の段階では、ブリッジが安上がりでよさそうなのですが、前述の症例のように、土台の歯に無理な負担がかかって、数年後にダメになるリスクがあります。1~2年の短期的な視野でなく、お口の中全体の長期的な健康を考えての選択が重要です。

お気軽にお電話ください。

 
9:00~12:00
14:00~19:00

受付時間:月~土 9:00~19:00/日 9:00~17:00

診療時間:午前 9:00~12:00 午後 14:00~19:00(日曜は13:30~17:00

休診日:祝日のみ  県西部では唯一、日曜日も診療しております